フェイスブック操作 超~初歩の初歩(^^)/

今や世界中で9億人、日本でも1500万人以上の人々が登録している
SNS「フェイスブック」。

ただ、

操作が今一わからない(+o+)

ので登録したのはいいけど、
ほとんど使わない方が結構多いみたいです。



自分のフェイスブック歴は結構古く、2008年の8月です。
留学時代の友人たちとつながるために登録しました。

当初はマニュアル本もほとんど出版されていなくて、
使い勝手も悪く、1年半ほとんど使いませんでした。

その後、2010年1月に高校時代の友人から突然届いた「友達リクエスト」
で使い始めました。

というわけで、使い始めた当初苦労した経験を交えて説明してゆきます。

まず、

フェイスブックには2つの画面

があるということ。

「ニュースフィールド」と「自分のページ」

です。

初心者に多いのが、最初の画面やFacebookのロゴをクリックして
出てきた画面が自分のページと思い込んでしまうことでしょう。

これは「ニュースフィールド」という画面で、自分の友達が投稿した
記事や写真または自分が登録したファンページの記事等が時系列で
表示されているだけです。

自分のページに飛ぶには 自分の名前をクリックします。

このことを理解していないと、

「友達の投稿を見たいけど、友達検索になってしまう!」

とか

「自分がアップした写真や記事が見つからない!!」

等という事態になります。

そういうアクションをするには必ず自分のページからスタートして
くださいね(^O^)/

「自分のページ」には「ウォール」と言ってあまり聞きなれない名前が
あります。

これは自分専用の掲示板見たいなもので、自分が今まで
投稿した記事や動画、他のWEBサイト上でフェイスブックの
リンクボタン「いいね!」を押したりしたときに、そのリンク内容が
表示されたりします。

最近は「タイムライン表示」になってしまったので、「ウォール」メニュー自体
なくなってしまいましたが、

(自分の名前をクリックしたら最初に出てくる画面)=(自分のページのウォール画面)

だと思ってください。

以上、自分のページの簡単な説明でした。



次に「ニュースフィールド」画面についてです。

フェイスブックの最初の画面である「ニュースフィールド」には
2種類あって「ハイライト」と「最新情報」(「並び替え」ボタンで
選択できます。)です。





「ハイライト」では、自分の友達の中でも多くの人から
「いいね!」ボタンがクリックされている記事やクリック
されていなくても今まで多くの「いいね」や「コメント」を
もらった履歴がある友達の新しい記事等が表示されて
ゆきます。

「最新情報」は「いいね」やコメント数に関係なく、
すべての友達の記事が時系列に表示されてゆきます。

自分の記事が「ニュースフィールド」の「ハイライト」表示
させるには友達から「いいね!」や「コメント」を多くもらうことです。

余談ですが

「友達のPCには自分のページがどのように表示されている
んだろう?」

と思ったことはないでしょうか!?

これはプライベート設定で違いますが、標準設定では自分が
自分のページを見ているのと同じ画面です。

完全にオープンにすると、友達でない方も自分の名前をクリック
されると自分の画面をすべて見られます。

次に「投稿」に関してです。

自分のページ画面または「ニュースフィールド」で「今なにしてる?」
の欄に投稿したい記事、画像、動画などを投稿してください。




友達のページ画面で投稿すると、友達のページ画面に
表示されるので、その友達が登録している友達全員に伝わりますが、
自分のページ画面には表示されません。
このアクションは友達が登録している友達全員に自分の存在を
アピールする時くらいにしかしませんので、ナルシスト以外の方は
あまり使わない方がいいですね。

友達同士のやり取りは「投稿」ではなく、Facebookロゴの右となり
2個目の「メッセージ」機能を使いましょう。
また、久しく会話していない友達で、メッセージを送るほどでもない
友達には「あいさつ」機能も便利です。
画面右上の「友達」「メッセージを送る」と並んでそのとなりの歯車
をクリックするとプルダウンメニューで「〇〇さんにあいさつ」と出てきます。


英語で ”Hi~”みたいに気軽な気持ちで使えるので便利ですよ。


以上、ひとまずこれだけわかればフェイスブックがちょっとは楽しくなって
くるはずです。

慣れてくれば、「アルバム作成」「グループ」や「イベント」「ゲームアプリ
」等も使いこなし、ファンページ等にもどんどん「いいね!」クリックして
行きましょうね(^^)/


カテゴリー: Web語録, すべての記事を読む   パーマリンク

Comments Closed

コメントは受け付けていません。