基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~

こんばんは!ZEN住研の小林です!!
香取市篠原 I様邸にて基礎工事の配筋検査を受けました。

基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~

基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~

鋼管杭工法による地盤改良上、ベタ基礎仕様で施工を行っております。

ベタ部分の鉄筋径は13mm、間隔は200mmピッチ、立ち上がり部分の主筋径13mm、ピッチも200mmで仕上げてます。鉄筋の継手も800mmも重ねてきっちりやってます。

基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~

基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~

基礎配筋検査~自然素材&無垢の和モダン家 香取市篠原 I様邸~



基礎の鉄筋はコンクリートを流したら見えなくなってしまう部分なので、きっちり施工しているかどうか、配筋検査はとても重要です。

今回は無事合格しました。(^O^)/

これからコンクリートの流し込みに移ります(^_^)/

またご報告します~

This entry was posted in すべての記事を読む, 地盤改良工事, 新築. Bookmark the permalink.

Comments Closed