光熱費を大幅削減!!断熱ボード施工ほぼ完了(^O^)/~鹿嶋市の美容室 Hair Studio TAMASHIRO様~

鹿嶋市の美容室 Hair Studio TAMASHIRO様 店舗改修工事現場着々進んでおります。

本日で最高等級の断熱材フェノールフォームを使ったネオマ断熱ボードの外皮壁へのほぼ施工が完了しました。



ネオマ断熱ボード~店舗断熱改修 hair studio TAMASHIRO~ZEN住研

ネオマ断熱ボード~店舗断熱改修 hair studio TAMASHIRO~

ネオマ断熱ボード~店舗断熱改修 hair studio TAMASHIRO~

ネオマ断熱ボード~店舗断熱改修 hair studio TAMASHIRO~



築20年以上経っている当該店舗は当時のあまり性能が良くないグラスウールは一応入っておりますが、劣化が進んでおりあまり断熱効果は期待できません。

下記は今回断熱ボードを施工する前の、劣化が進んで弾力性がほとんどなくなってしまったグラスウールです。

断熱材の劣化写真



こちらの壁は外気に面している外壁にもかかわらず、

全く断熱材が入っていませんでした。



無断熱の壁



以前造作施工した業者が断熱材を入れ忘れたか、そこまで気にしなかったようです。


まあ、20年以上も昔になると無断熱の家も、少なからずあるのも事実ですが・・・


こうなると、真冬はこの壁だけ、冷凍庫の扉を開けっぱなしにしているようなもので、いくら部屋を暖房しても暖かくならない空間だったと思います。冬場、さぞかし寒かったに違いありません。


今回、100㎜厚のグラスウールを、外側のシートをしっかり重ね合わせ、ばっちり断熱施工しました。

グラスウール施工~hair studio TAMASHIRO~



同じような築年数のテナント専用の木造建物で今回のようにフロア面積が20帖以上ありますと、ほぼ天井埋め込み型エアコンでないと、夏は暑く、冬は寒い空間になってしまいます。これでは来店されているお客様に不快な思いをさせてしまいますね。


ただ、天井埋め込み型のエアコンですと、電力消費量が非常に大きくなります。


例えば、20帖タイプのエアコンですと、約3000W/hは消費します。断熱材があまり効果がないとほとんど回りっぱなしなので、


1ヶ月の電気代は、月300kw以上(※)使うものとして、約21,750円

一方、今回のように店舗をしっかり断熱した場合、14帖程度のエアコンでコンプレッサーが回るのは全時間帯の3分の1くらいです。


コンプレッサーが回っているときの消費電力量は約1000W/hですので上記のように計算した場合、約2,900円で済みます。

その差額は、21,750円 - 2,900円 = 18,850円/月

一年を通して、平均8ヶ月使用したとしたら、

なんと、年間15万円も節約できます。

※0~120kW/h  19円42銭
 ~300kW/h   25円91銭
300kW/h ~   29円93銭

初期投資も天井埋め込み型エアコンの場合、20帖以上ですと、工事代を含め約40万円。
一方、壁付けエアコンの場合は14帖で15万円位です。

天井埋め込み型のエアコンの場合は動力を導入したりして、電気料金を安く出来るというメリットはありますが、消費する電気量はあまり変わらないので、エネルギー問題が深刻な現状を考えれば、絶対に断熱をしっかりした躯体に仕上げるべきですね!!

真冬や真夏時、店舗内のエアコンがMAXで稼働している状況も、エアコン嫌いのお客様にとってもいいものではありません。

逆に高性能な断熱材でしっかり断熱すれば、エアコンを自動運転モードにして、コンプレッサーが回り出しても、エアコン自体は弱運転で済みますし、エアコンの風をあまり感じなければ、とても快適な空間になるはずです。

そして何よりも、毎月の光熱費が大幅に削減できるのがとてもうれしいことです。

今回どのくらい電気代が節約できるか楽しみです。(^○^)

弊社では、住宅のみならず、店舗やアパートでの省エネ断熱化も積極的にご提案させていただいております!!

前の記事へ   「鹿嶋市の美容室 Hair Studio TAMASHIRO様 店舗改修本日始動開始( ・∀・ )ゞ」

次の記事へ   「無垢ヒノキ板材の看板下地工事~鹿嶋市の美容室 Hair Studio TAMASHIRO様」






This entry was posted in すべての記事を読む, 特殊リフォーム工事, 自然素材・無垢材, 高断熱化住宅. Bookmark the permalink.

Comments Closed