気温マイナス3℃で朝ショールームに来たら・・・~薪ストーブと超断熱空間の脅威の温かさ~

おはようございます!

日本列島はこの冬最強寒波に包まれ、ここ鹿嶋でも連日、朝の気温は零下、日中も10度以下の日が続いてますね~
{{(o+э+o)}}

でも、毎朝弊社事務所隣のショールームのドアを開けると、これがほんわか暖かいんです!

どのくらい暖かいか、退社前と翌日の出社時の部屋の温度を測ってみました(^∇^)

ZEN住研 断熱空間&薪ストーブショールーム


1月14日(土)退社前のショールームの状況です。
部屋の温度は29℃。薪ストーブはほぼ種火です。
これを、空気弁を絞って完全に消します。

ZEN住研ショールーム退社前温度

ZEN住研ショールーム 薪ストーブ

ZEN住研ショールーム薪ストーブ空気弁

ZEN住研ショールーム 薪ストーブ


ちなみにこの日退社時の外気温は2℃。さぶ~

2017年1月14日18:00外気温


翌朝、出社時の外気温はマイナス3℃。冷えましたね~

2017年1月15日7:30外気温


でも、ショールームの中は・・・

ZEN住研ショールーム 朝のショールーム温度17.5℃


なんと、17.5℃

ちなみに、薪ストーブの中の薪は完全に燃え尽きてます。

ZEN住研ショールーム薪ストーブ


外気温零下で、暖房止めて13時間経っても、この暖かさです。

当然薪ストーブの余熱もありますが、それだけではこの暖かさをキープするのは難しいのです。

それは、このショールームが超高断熱の空間だからです。

ZEN住研ショールーム 超断熱空間&薪ストーブ


まず窓は、アルミサッシの6倍もの断熱効果のあるYKKの樹脂窓APW330の掃き出し窓とテラスドア。そしてAPW430トリプルガラスのたてすべり窓が入ってます。

ZEN住研ショールーム YKK330樹脂窓


外に面した壁(外皮)はリクシルの真空断熱材の壁「ウォールインプラス」、その他の壁は国内最高級断熱材フェノール樹脂製のネオマ断熱ボード30㎜を使ってます。
天井は高性能グラスウール100㎜の2重施工です。

ZEN住研ショールーム ネオマ断熱ボード


そして、何よりも床が厚さ30㎜の赤松無垢材を使用しているので、素足でも暖かさが伝わってきます。

ZEN住研ショールーム 赤松30㎜無垢床材


また、一部壁は漆喰の左官仕上げでその他の壁と天井は同じく漆喰のローラー仕上げなので、天然の調湿機能が働いて、いつも快適な空間を保ってくれます。

ZEN住研ショールーム 漆喰塗り壁左官仕上げ


断熱をしっかりしても、合板のフローリングとビニールクロスの壁紙では、この快適さは実感できません。
なぜなら、部屋を暖めても合板は保温性がなくおまけに表面の塗装が冷たくなってしまうので、冷っと感がどうしてもぬぐえないです。ビニールクロスも調湿機能が全くないので、結露などにも全く対処できない面があります。

弊社の天然木と自然素材に囲まれた断熱空間のショールームにぜひいらしてください。体の芯から温まる薪ストーブと無垢の床材の体感が出来ますよ~。お待ちしております
ヾ(*’∀’*)ノ゙

ZEN住研ショールーム 薪ストーブ

【関連記事】
〇「鹿嶋・神栖・潮来で薪ストーブなら、(株)ZEN住研まで (*^^)v」
〇「ヴィンテージ・アメリカン・スタイルの薪ストーブブースが完成しました(*’▽’)」
〇「薪ストーブのある自然素材の家、完成&お披露目(^-^)~鹿嶋市神向寺A様邸~」
〇「薪ストーブのある2世帯住宅完成!!~築50年のリノベーション再生・石岡市E様邸~」





This entry was posted in すべての記事を読む, リフォーム・リノベーション, ヴィンテージ・アメリカン, 新築, 究極断熱の家, 自然素材・無垢材, 薪ストーブ. Bookmark the permalink.

Comments Closed