行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*’▽’)

こんにちは。

行方市で進めておりますK様邸新築住宅の方が、先日無事上棟致しました。

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')


午前中で2階の柱立てと1階のダイライトの仮張りまで行きました。ペース上々です。

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')


職人さん一人一人のの連携が取れている証拠ですね(^-^)」

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')


夕方5時には屋根垂木、さらにはルーフィングの仮張りまで終わりました。早いですね!!

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')


お施主様と棟梁が建物の四隅を塩とお酒で清め、棟(むね)で拝んで無事上棟式が終わりました!

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

今回は、ゼロエネルギー住宅仕様で地域グリーン化事業のZEH(セロエネ住宅)補助金140万円を申請予定です。

元々ZEN住研の標準仕様は断熱性能が高いので、ZEH住宅の外皮平均熱貫流率UA値の基準値である0.60W/m2Kはクリアしておりますので、太陽光発電システムを付けるだけで、簡単にZEH住宅になります。(ただ、外皮計算や1次エネルギー消費量計算とか、申請に必要な仕様を証明する書類を揃えるのが結構大変ですが・・・(;^_^A )

ちなみに、外皮平均熱貫流率UA値とは、建物の外側を覆う床・壁・屋根(天井)の単位面積(1平米)あたりの熱がどれくらい逃げるかの値で、住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。 値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。

お客様の選ぶ家がどのくらいの断熱性能があるかがこのUA値で分かりますよ!!

ZEN住研では、なるべくHEAT20のG2水準であるUA値0.46W/m2K以下になるように設計しております。

HEAT20 G2水準の家 詳しくはこちらから>>>

構造も、45㎝間隔にヒノキの120mm角の土台または90mm角大引きが入るので、他社に比べて3倍以上の床剛性があります。

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

行方市でZEH(ゼロエネ住宅)と自然素材の健康住宅上棟(*'▽')

その他、壁倍率3.3倍の壁パネルや360mmもある米松梁材とかも見ごたえある構造です。

随時構造見学も実施しておりますので是非一度見に来てくださいね!!




This entry was posted in すべての記事を読む, 新築, 究極断熱の家, 自然素材・無垢材. Bookmark the permalink.

Comments Closed