ベランダ塗布防水工事完了しました(^O^)/~鹿嶋市小山M様邸~

暑い日が続いてますね(^_^;)

先週ベランダの塗布(トフ)防水工事が無事終了しました。

工事前に現場確認したところ、防水シートが所々切れていて、下地材はブヨブヨになってました。

ベランダ防水工事前~鹿嶋市小山

ベランダ防水工事前~鹿嶋市小山



ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

施工初日、気温35度の風が入ってこない天然蒸し風呂サウナ状態のベランダで大工さんと共に悪戦苦闘しながら防水シートをめくったところ、床の下地は完全に腐ってボロボロになってました。
これはひどい(・。・;・・・・・
その下の垂木は大丈夫でしたので、下地材だけ取り替えました。


ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

午後から塗装屋さんに塗布防水の準備としてコンパネと元の下地材とのつなぎ目をコーキングで埋めてもらいました。


ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~


施工2日目。ベランダに防止塗料を流しこみました。乾いてから立ち上がり部分も施工。


ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事現場~鹿嶋市小山M様邸~



さらに2日が経って、再度上塗りをしてきれいに仕上がりました。


ベランダ防水工事完了(^O^)/~鹿嶋市小山M様邸~

ベランダ防水工事完了(^O^)/~鹿嶋市小山M様邸~



ベランダ防水工事完了(^O^)/~鹿嶋市小山M様邸~

バルコニーやベランダのシート防水やFRP防水は大体10年くらいでメンテナスが必要となります。

考えてみればルーフバルコニーは別として、ベランダ等は常に雨ざらしにされて、しかも日光で床は高熱にさらされているあげく、風通しも悪いのでマイホームの生活スペースの中では一番過酷な状況におかれていると言っても過言ではありません。

今回の現場のような薄い防水シート材やトップコート材では10年くらい経つと弾性が失われ、ちょっとした力が加わっただけ切れてしまいます。(^_^;)

ですから、新築時のシート防水の場合は耐久性に優れている厚さ2㎜以上防水シートで、シートのつなぎ目はしっかりバーナーで炙って一旦溶解させて吸着させる工法がベストです。

FRP防水の場合でもやはり施工の良し悪しで10年くらい経つと劣化のせいで無数の亀裂が入ってしまう場合があります。
こうなるといつ雨漏りが生じてもおかしくない状況になります。

このような場合は、やはり今回のような塗布防水をお奨め致します。

ベランダ防水工事の無料見積・無料相談はお気軽にこちらまで>>>
※弊社は地元で信頼信用を大切にした建築業を営んでおりますので執拗な連絡・訪問や強引な契約等は一切致しませんのでご安心ください(^^)/。


This entry was posted in すべての記事を読む, 特殊リフォーム工事. Bookmark the permalink.

Comments Closed