高性能住宅

「家の資産価値を高める高性能な家づくり」

(株)ZEN住研のナチュラホームではこだわりの構造材、究極の断熱性能、他社には真似できない超高耐震構造です!!

1.超乾燥無垢材のこだわり素材

ナチュラホームの無垢材は特許技術で 含水率15%以下を実現!内装材で5%以下、 構造材で10%以下 の基準値

木はあらかじめ乾燥させて使わないと、建築後の乾燥収縮によって出来たすき間が空気の通り道となり、内外の温度差より結露が発生、それによって木材腐朽菌が増殖し、土台や構造材などの木材を腐らせます。
徹底して無垢の乾燥材にこだわり、研究・開発をすすめた木材乾燥機で、含水率15%以下の乾燥無垢材の開発に成功。

<構造材>

ヒバ土台・米松の梁桁・杉檜の柱~(株)ZEN住研~

■土台は[樹齢約1000年のヒバ材を使用。細かく重なる年輪は堅く締まり、家全体の荷重を支える強度に加え、害虫を寄せ付けない成分ヒノキチオールを多量に放出する自己防衛本能を持った天然ヒバ材です。

■梁・桁は米松を使用。梁にはたわみに強い米松を採用。一般的な梁材より材積を大きくとることで、視覚的にも安心感を得られます。

■柱は杉または檜の4寸角(12cm角 )。 どんな傾斜地でもまっすぐ天に向かって伸びる杉・檜は、タテ方向にかかる荷重を支える柱材として、とても有効です。また、含水率10%以下の芯まで乾燥させることで本来の強度に比べ2倍以上の力を発揮します。

超乾燥材だからこそ出来る真壁構造で、家の中の「木の呼吸」がもたらす調湿機能のおかげで、夏場の蒸し暑さや冬場の乾燥や結露を和らげます!!

<内装材>

厚さ30㎜の赤松・桐床材~(株)ZEN住研~

タモ・ヒバ・竹の無垢床材~(株)ZEN住研~

天然無垢材が持つ自然の温かみで、冬場素足でも快適に過ごせます。特に桐材には抗菌作用があり、衣類はもちろん人間の体まで健康にしてくれます。



◆◆◆ZEN住研では、構造部材に
有害物質を含む「集成材」を1本も使いません。◆◆◆

「集成材」とは、ラミナと呼ばれる挽き割った板材を接着剤で貼り合わせたもの。これを1本の柱や梁として構造躯体に使います。100年ほど前にドイツで生まれた材料で、日本の住宅に使われるようになってから、まだ十数年という、歴史の浅い材料です。

集成材には2種類あります。

1つ目は「レゾルシノール系接着剤」。接着力が高く、水分の多いラミナでも強力にくっつきます。このため、施工後にラミナが乾燥し、収縮を始めると、接着剤は剥離せず、弱いラミナの方が割れます。また健康を害する可能性をもつ「ホルムアルデヒド」などを多く含んでいます。

もう一つは「イソシアネート系接着剤」。レゾルシノール系接着剤の反省から、健康に配慮した材料として登場しましたが、今度は接着力が弱く、’02年にはドイツから、’05年には中国から日本に出荷された集成材(JAS認定品)が剥離を起こすという事件が発生。水気に弱いため、 施工によっては25年しかもたない可能性もあります。

このページTOPへ戻る





2.超省エネ低燃費住宅

〇外張り断熱+充填断熱のW断熱&高性能遮熱シートで平均熱貫流率0.18W/㎡・Kの超省エネ&低燃費生活を実現!

ナチュラホームの外張り断熱&充填断熱のW断熱構造&遮熱シート~(株)ZEN住研~

ZEN住研では高性能なフェノールフォーム断熱材の外張り断熱と30倍硬質発泡ウレタンフォーム充填断熱のW断熱構造で平均熱貫流率0.18W/㎡・Kを実現しました。この数値はごく一般に使用されているグラスウール16K100㎜断熱材仕様の壁の平均熱貫流率1.06W/㎡・Kに比べて約6倍の断熱効果があります。さらに、赤外線を96%もカットする遮熱シートを併用することで、真冬でも真夏でも家中エアコンたった1台で快適な省エネ生活が実現できます。
建ててからも光熱費があまりかからない低燃費住宅です。

〇高性能樹脂窓&複層Low-Eガラスで省エネ&快適生活!

~一般的なアルミサッシの約4倍の断熱効果をもつ高性能樹脂サッシ~

高性能樹脂窓 YKKAPW330の断熱樹脂窓構造

~複層ガラスを遮熱タイプと断熱タイプを組み合わせて季節に応じた省エネを実現!~

高性能樹脂窓 YKKAPW330の断熱Low-E複層ガラス

〇平成25年省エネ基準のⅠ地域(北海道地区)の
  外皮平均熱貫流率(UA値)0.46をも凌ぐ断熱性能を実現!

外皮平均熱貫流率UA値0.35以下~ナチュラホーム(株)ZEN住研~

このページTOPへ戻る





3.壁パネルと剛床の高耐震構造

〇地震による歪みに強く、台風などの強風にも負けない耐震技術

壁倍率3.3倍 ナチュラホームの軸組パネル工法~(株)ZEN住研~

床剛性3.7倍~ナチュラホームの剛床構造 (株)ZEN住研~

このページTOPへ戻る





200年住宅~何世代にも受け継がれる資産価値の高い家づくり

200年住宅~ZEN住研~

50年も昔、日本は高度経済成長期へと入り、人口が急激に増え、住宅の絶対数の不足から、国は「とにかく住める家」優先に考え、快適性は後回しになってしまいました。そのため、今だに無断熱(全く断熱材が入っていない家)が約40%もあり、欧米諸国並みの断熱性能に優れた快適な住まいは全体のたった5%に留まっております。断熱性に劣った家は冷暖房などの光熱費もかさみ、高齢者に多いヒートショックを引き起こしたり、部屋ごとに温度差が生じているため、結露によってアレルギーの原因ともなるカビやダニが発生したり、湿気で家の柱や壁が傷んだりしてます。

これでは、俗に「20年経つと家の価値はゼロ。残るのはローンという負債だけ。」と言われても仕方ないですね。

一方、雨水や湿気に対する劣化対策をしっかりした上、断熱性能に非常に優れている家は、そういった心配も有りません。
一般に無垢材で作った家は丈夫で長持ちするものです。法隆寺など古い木造建築がよく例に持ち出されますが、無垢材の寿命はとても長く、建築後約1300年経ってもその強度は、未だに落ちていません。
地震や台風などに対する構造的な対策と湿気や防蟻対策をきちんと行い、住んでからも正しい維持管理をしていれば、一般の木造住宅でも100年くらいは持ちます。
さらに、断熱をしっかりして、家じゅうでどこでも温度差がなく、夏涼しく冬暖かい快適な住空間が実現できれば、家の資産価値も落とすことはなくなります。
ZEN住研では上記対策をきっちりした上で、真冬の早朝起床時、暖房が止まっていても、15℃以上、真夏の熱帯夜でも冷房なしで家の中は25度℃以下の家づくりを基準に、本当に快適な家とは何かを日々研究しております。

基本的に注文住宅の自由設計ですが、原色を使った派手なデザインではなく、室内に無垢の天然木を多く取り入れ、落ち着いていて飽きがこない、どこか懐かしくずっと長く住みたくなる家づくりを心がけております。

何世代にも受け継がれる資産価値の高い家づくり~ZEN住研~

奇抜な柄のビニールクロス壁は時間が経過すると汚れも付着し、あまり見た目も良くなくなりますが、無垢材や漆喰・珪藻土などの自然素材は月日を重ねるごとに味わいが増して行くものです。
何世代にもわたって、資産価値が受け継がれてゆくお客様の大切な家づくりをZEN住研は応援いたします!!

何世代にも受け継がれる資産価値の高い家づくり~ZEN住研~


このページTOPへ戻る


Comments Closed

コメントは受け付けていません。